クレジットカード現金化のメリットとデメリット

クレジットカード現金化口コミ比較≪2018年人気優良店ランキング!≫

クレジットカード現金化口コミ比較

クレジットカード現金化のメリットとデメリット

金欠状態になった時に消費者金融でお金を借りる方法もありますが、クレジットカードを持っている時はショッピング枠が残っていれば現金に換える事が出来ます。クレジットカード現金化をして金欠状態になった時に対応している人も多いですが、メリットとデメリットがあるので実際にクレジットカード現金化をする時はしっかり把握しておく必要があります。そこでクレジットカード現金化のメリットとデメリットを見ていく事にしましょう。

 

・確実にお金を換える事が出来るのがメリット

 

消費者金融でお金を借りる時は審査が可決されないといけないので確実性という点では疑問が残ります。しかしクレジットカード現金化はショッピング枠が残っていれば確実にお金に換える事が出来るので金欠状態になっていた時にすごく助かります。今すぐお金を借りる必要がある時はクレジットカード現金化を利用するとメリットに感じる事が多いです。

 

・24時間いつでもお金を換える事が出来るのがメリット

 

消費者金融は審査の時間が限定されているのでお金を借りる事が出来る時間も限定されてしまいます。しかしクレジットカード現金化は24時間いつでも対応しているので自分の都合に合わせてお金に換える事が出来ます。深夜の時間帯にお金が必要になった時にクレジットカード現金化を利用すればしっかり対応する事が出来ます。

 

・返済する時に金利が発生するのがデメリット

 

クレジットカード現金化を利用するとリボ払いで返済しなければいけないので金利が発生してしまいます。換えた金額より多く返済しなければいけないのがデメリットになってしまいます。

 

・ショッピング枠の100%を現金化する事が出来ないのがデメリット

 

クレジットカード現金化を利用する時はショッピング枠がどのぐらいあるのかで現金に換える金額が決まりますが、ショッピング枠の100%を現金化する事が出来ないので場合によっては少額だけしか現金に換えられない事もよくあります。現金化する事が出来るのはショッピング枠の50~90%になっている事が多いので注意しましょう。

 

・法外な手数料を請求されるリスクがあるのがデメリット

 

クレジットカード現金化業者の中に少なからず悪質な業者が存在していると言われています。悪質な業者でクレジットカード現金化を利用すると法外な手数料を請求される事があるので注意が必要です。

クレジットカード現金化のメリットとデメリットはこのようにあるのでしっかり頭に入れてから利用するようにしましょう。

ショッピング枠現金化についての不都合な事実

クレジットカードでは通常のショッピングに利用するショッピング枠とキャッシングに利用できるキャッシング枠の二つの機能が搭載されています。

 

クレジットカードは二つの機能が搭載されていることから適用される法律もショッピング枠とキャッシング枠とで違っています。ショッピング枠は割賦販売法が適用され、キャッシング枠は貸金業法が適用されます。そうなれば、キャッシング枠は貸金業法により総量規制の適用を受けますから、キャッシング枠は他の業者からお金を借りている場合では利用限度額が残っていても利用できないこともあるということです。

 

そこで、お金が必要な人が利用するのがショッピング枠現金化です。これは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を調達する方法で、考えてみてもわかるようにキャッシング枠を利用できる人はキャッシング枠を利用すればいいので、先程の総量規制やすでにキャッシング枠の利用枠がないような人が利用すると考えられます。

 

ショッピング枠現金化ではキャッシングを利用するよりも審査を受けなくていいので、手軽に利用することができます。方法としては自分で最後までする方法とショッピング枠現金化業者を利用する方法があります。

 

以前には自分で実行する方法も難しくありませんでしたが、ショッピング枠現金化についての意識が高まるに連れて、だんだん自分で実行する方法が難しくなってきているという現実があります。自分で実行して、クレジットカード会社に知られることになれば、クレジットカードの利用規約違反ということになり、クレジットカードの使用禁止や即時全額精算請求などを求められる可能性があります。ショッピング枠現金化にとってはこれがもっとも大きなリスクと言っていいでしょう。

 

そのために、だんだんショッピング枠現金化業者を利用することが多くなってきています。ショッピング枠現金化業者を利用すれば、クレジットカード会社に知られるリスクは低くなりますが、自分で実行するよりも換金率が低くなりますので、金利の高いキャッシングをしていることと同じ意味になります。

 

リスクをとっても自分で実行して換金率が高い方を選ぶのか業者でリスクの低い方を選ぶのかは難しい選択となります。しかし、自分で実行するショッピング枠現金化はどんどんとやりにくくなっていることだけは確かで、ショッピング枠現金化業者を選ばざるを得なくなってきているのが現実でしょう。

ショッピング枠現金化には2種類の方法があります

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、その方法としては以下の2パターンが考えられます。

 

・購入商品の転売を自力で行う
・現金化専門業者を利用する

 

それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。以下で詳しく見ていきましょう。

 

1:購入商品の転売を自力で行う場合のメリット・デメリット

まず、メリットから見ていきましょう。購入商品の転売を自力で行うと以下のようなメリットがあります。

 

・換金率をコントロールできる
・売却先を複数選べる

 

順に説明します。まず、転売を自力で行えば換金率をコントロールできます。換金率の高い商品を自分で選ぶ事で、購入額に対して売却額を限界まで引き上げる事ができるのです。
また、購入商品の売却先として複数の買い取り店を利用できます。商品ごとに最も換金率が高くなる店を選んでいけば、換金率はさらに高くなるでしょう。
一方で、購入商品の転売を自力で行うと以下のようなデメリットが生じます。

 

・転売する手間がかかる
・常に換金率に関する情報収集が必要

 

順に説明します。まず、専門業者を利用しないので転売するために多くの手間がかかります。買い取り店に直接出向く必要がありますから、その手段や時間が必要です。
また、常に換金率に関する情報を収集しなければなりません。商品ごとの換金率は株価のように変動しますから、随時それをチェックしておかないと思わぬ大損をする恐れもあるのです。

 

2:現金化専門業者を利用する場合のメリット・デメリット

現金化専門業者を利用すると、以下のようなメリットがあります。

 

・即時現金を入手可能
・商品を選ぶ手間が少ない

 

順に説明します。まず、専門業者を利用すれば即時に現金が入手できます。古物商の資格を持つ専門業者を通じて商品を購入すれば、購入と売却がほぼ同時に行えるからです。
また、購入商品を選ぶ手間が少なくて済みます。専門業者があらかじめ商品を指定してくれますから、それを購入するだけで良いのです。
一方で、現金化専門業者を利用すると以下のようなデメリットが生じます。

 

・換金率は80%が限界
・悪徳業者に遭遇する恐れがある

 

順に説明します。まず、換金率は80%が限界です。専門業者としても、利益を上げなければ事業を存続できませんからね。
そして、専門業者はきちんと選ばなければなりません。何も考えずに「とにかく高い換金率の業者を」などと欲張っていると、悪徳業者に関わってしまう恐れがあります。現金化専門業者を選ぶ際には、ネット上の口コミや評価をチェックし、信頼できる業者を選びましょう。

キャッシングやカードローンに抵抗がある人にもお勧めのショッピング枠現金化

今では、テレビのCMなどでもよく見かけるキャッシングやカードローン業者。銀行でも行っている事から、借金へのイメージは、随分、変わっていっているかと思います。また、審査の申し込みから振込までの手続きをすべて、ネットで行う事も可能で、手軽さもメリットになっています。

 

しかし、借金は、借金と言う事で、審査が必要になる為、書類の確認や勤務先への在籍確認なども必要になってきます。

 

また、いくら、お金が必要だからと言っても、キャッシングやカードローンに抵抗がある人や絶対に家族に知られたくないと言う人も多いかと思います。そこで、お勧めなのがショッピング枠現金化です。ショッピング枠現金化とは、クレジットカードのショッピング枠を利用し、現金を準備する方法になります。その為、明細上は、クレジットカードで何かを購入したと言う形になります。その為、万が一、家族に明細書を見られても、いつも使用しているクレジットカードならば、何も家族に疑われる心配はありません。

 

また、一度、審査を通過し、持つ事ができているクレジットカードを利用している為、一から審査を行う必要などなく、在籍確認などで周りの目を気にする必要も一切ありません。また、専業主婦などの場合、銀行のカードローンならば利用は可能になっていますが、その額は、あまり大きな額ではなく、必ずしも必要な現金を準備する事ができると言う事ではありません。そう言った事から考えても、ショッピング枠現金化は、非常に便利なシステムになっていると言えるのです。

 

利用方法もとても簡単で、ネットで、まずは、ショッピング枠現金化を行っている業者を探し、還元率などを確認した上で選びます。

 

この際、悪徳業者と言われるような業者も潜んでいる場合がある為、業者選びだけは、慎重に行う事をお勧めします。口コミの確認や、実際に連絡のつく店舗を構えているかなどをチェックし、信頼できる業者選びを行います。その上で、利用の申し込みを行えば、すぐにでも口座に現金を振り込んでもらう事が可能です。また、土日でも利用したい場合は、ネット銀行の口座を指定すると土日でも、安心して、すぐに振り込んでもらう事が可能になっています。

 

以上のように、ショッピング枠現金化とは、借金でありながらも、いつも使用しているクレジットカードを利用する事から、周りに知られる心配も少なく、また、借金に抵抗がある人でも、利用しやすいといったメリットがあると言えるのです。

クレジットの現金化を手早く行う方法

まず先述しておくと、クレジットカードの買い物枠を使って現金化をさせる事はクレジットカードの規約違反になりますので、くれぐれも利用は自己責任でお願いします。

どうしてもすぐに現金が必要ではあるが、クレジットカードにキャッシング枠がない場合などで、すぐに現金が用意できない場合などがあったとしても、ある方法を使って現金を用意することができます。

まず1つ目は、自分の手間がかからない方法としてインターネット上などでクレジットカードの現金化を専門としている業者に依頼することです。

クレジットの情報を伝えることで、そのクレジットで業者が買い物をした体裁で決済を切ります。その決済を受けた金額のある一定の金額を手数料としてマイナスをした残りをクレジットカードの契約者の銀行口座等に振り込んで現金化をさせると言う方法です。そうすることで、表向きは何かの買い物をしたことによる決済をしたと言う履歴だけが残るので、後は現金が振り込まれるかどうかについては個人間のやり取りと同じ扱いになるのです。

ただし、クレジットカードの現金化専門業者の中には詐欺業者も数多く存在しているため、どの業者が的確に作業行ってくれるのかについては、しっかりと口コミやレビューなどを見て利用するようにしましょう。

もう一つの方法が、クレジットカードを使って商品券やアマゾンギフトカードなどを購入して転売をすると言う方法です。この方法であれば、自分自身で購入から転売を全て行うので、その作業に伴う手数料等を誰かに取られる事は一切ありません。

買取の業者は、街中でもよく見かけるチケットの転売業者に行えば良いだけなので、その時の買取のレートに合わせてある一定の量だけはマイナスされますが、クレジットカード現金化業者に依頼したときの手数料よりははるかに低い金額で抑えることができます。

注意点としては、利用履歴の中にギフトカードや商品券等の購入履歴がやたらと多く存在してしまうと、クレジットカードも提供業者側は、場合にもよりますが、現金化のために購入をしていると疑ってくるケースがあるようですので、本当に必要なタイミングにのみ利用するようにすれば問題は無いかと思います。

いずれの方法も何かを購入した分の決済を還元する方法ではあるのですが、その金額を100パーセント受け取る事はまずできないと考えて良いでしょう。

そして最後に、1番最初に記載した通り、本来はこれらの作業はクレジットカードの約款に抵触する行為なので、現金化をした場合はそのことについては公言しないほうが良いでしょう。

クレジットカード現金化は簡単で電話一本

クレジットカード現金化といっても種類はありますが私が知っているところは商品を送ってくれての現金化なので電話一本で済みます。
中にはお店に足を運び、指定された商品を購入後、現金化会社に送りと面倒な手間があるお店もあるようです。
基本的な現金化の説明をします。
現金化はポイント還元と同じ部類に属することから法的には良いとされていますが実際のところはグレー的な感じなのかなって思います。
その理由にはデメリットとしてカード会社にバレてしまえば利用停止になることからです。
しかし、利用者がそもそも分かっていながらカード会社に事情を説明する人も少なく自然とバレるといった心配は一切ありません。
というのもそもそもネットで品物をクレジット決済で購入するのと何にも変わらないことだからです。
簡単にいえば現金化業者は商品を購入してくれた変わりにポイント還元と題して現金を振り込みますってことです。
もちろん還元額は業者によってことなるので利用する際には何店かちゃんと話してお店を選ぶことをお勧めします。
金融と同じだという考えから怖がることは一切無用です。
後から利息だとか手数料だとかそういった物は一切なく普段使っているクレジットカードの決済日に引き落としをされるだけになります。
買い物感覚でお金が作れるといった便利な機能です。
またカードで買い物出来る限度額いっぱいまで利用も出来ますし、カードも複数持てることから思いのほかにお金が作れます。
意外と気づかれていないのがクレジットカードでお金を借りるというところではもう借りられない状況であっても買い物枠が残っているっていう人がほとんどです。
その理由には買い物して現金が作れるって考えではなく、多くの方はキャッシングの方ばかりを意識してるせいだと思います。
見直せば上手く利用して苦しい状況からも打破出来ます。
しかもこの現金化に関してはキャッシングにおける面倒な審査は一切なく、審査をして駄目だったって残念に思う事がありません。
クレジットカードさえあれば誰でも利用できるサービスになります。
もし、お困りの方がいましたら現金化は是非お勧めするサービスです。
金融会社へ連絡し、知らないところから営業電話が来るようなことも無ければ、催促もなく、引き落とし日は決まっていることから計画的に利用できるのが最大のメリットです。

クレジットカードの現金化に関することについて

YUKA150701598457_TP_V

クレジットカードの現金化とは?

 

数年前からクレジットカードの現金化という広告を見かけるようになりました。

 

クレジットカードの現金化とは、古物営業の許可をとった業者が、消費者に対してクレジットカードのショッピング枠を使って商品(ほとんどが安物の指輪など)を購入させた後、その購入代金より低い金額で買い取ることによって、消費者が現金を得られるようにする行為のことを指しています。

 

業者としては購入代金と買取金額の差額が利益となり、消費者にとってもすぐに現金が手に入るので一見すばらしいビジネスモデルに思えます。

 

しかし、その実態には違法性や詐欺などの問題が潜んでいます。

 

もし知らずに軽い気持ちで手を出してしまうと、とんでもない目に合う可能性があります。

 

それでは、以下にクレジットカード現金化に潜む様々なリスクやポイントについて考えてみたいと思います。

 

1.クレジットカード現金化の違法性ーこれについては現時点では違法ではないものの限りなく黒に近いグレーだと言えます。

 

クレジット会社は、ショッピング枠を現金を手に入れるために利用する行為を認めていないので、もし発覚した場合には消費者である人のクレジットカードが利用停止になるおそれがあります。

 

クレジットカード現金化業者ももちろんそのことは知ったうえで、回収のリスクはクレジット会社に押し付けて、手数料で儲ける仕組みとなっています。

 

また、もちろん国もこのような取引行為を法律的に許可していません。よくクレジットカード現金化業者のホームページには「公安委員会からの許可をとっています」とうたった表示がされていますが、これはあくまで「古物取引の営業」の許可をとっているだけであって、クレジットカード現金化の許可をとっているわけではないのです。

 

2.クレジットカード現金化の手口ー前述したのはあくまで「真っ当」に営業している業者を前提としています。

 

そして、このクレジットカード現金化業界には信じられない悪徳業者がいることも知っておかないといけません。

 

万が一、このような悪徳業者に当たってしまうと本来の目的である現金を手に入れることもできません。それだけではすまない事態に陥ってしまう可能性があるので厳重注意が必要です。

裏ワザですが……

困ったとき、この方法を使っています。
ヤフオクIDを2つ持っているか、またはヤフオクIDを持っている人に協力を頼むことになります。
私の場合は連れもヤフオクをやっているので、連れの協力を得ることで成り立っています。
この方法の換金手数料は3000円以内だと100円!
3001円から6000円までが204円、6001円から10000円までが307円、10001円以上は金額の5.4%です。
換金率が結構良いと思います。
実際の換金方法ですが、協力してくれる人のIDで落札があり得ないような出品をします。
例えば「ギターピック1枚10000円」などです。
「使用済み歯ブラシ1本10000円」など、下手に落札されかねないようなものを出品して他の人に落札されてしまうとこの方法は使えません。
ただし、他人が落札してくれたほうがそれはそれで圧倒的に得をするわけですが。
そして自分のIDで、その「ギターピック1枚10000円」を落札するのです。
支払はヤフーかんたん決済を使えるように設定しておきます。
ここで支払にヤフーかんたん決済のカード払いを選択するのです。
ポイントは「10000円」にすることです。「10000円」なら手数料が307円ですから、換金手数料が3.07%で済むわけです。
もしそれ以上の金額が必要なら、品目を変えて「メモ帳1冊10000円」など、また出品してもらえば言い訳です。
「10000円」のものを複数落札することで、合計額が必要な金額になるようにすれば良いわけです。
これで、協力してくれた人の口座に2~3日で現金が振り込まれます。
ポイントは同じものを複数出品しないことです。ヤフオクも厳しくなっていて、同じタイトルのものを複数出品すると、はねられるようになっています。
問題は協力者がいない場合ですね。
これは自分一人が複数のIDを取得することで解決できますが、ヤフオクIDを取得するのも審査が厳しくなっていますので、実家の住所で申し込む等工夫してください。
尚、必要なIDは無料のIDではダメです。プレミアム手数料を支払うか、ヤフーBBを利用するなど、ヤフオクが利用できるIDでなければいけません。

クレジットカード現金化に関することで

クレジットカードのショッピング枠の現金化」に人気があるのは、キャッシングにおけるグレーゾーン金利の廃止があるようです。
消費者金融業者は、ある意味このグレーゾーンの利息の支払いにより、支払ってもらえない人の損益も賄ってきた部分があります。
だから、グレーゾーン金利が廃止されて、支払ってくれない人が出てくると、これを賄う業者は存続が危ぶまれるほど、痛手を被ることになります。
このため、グレーゾーン金利が廃止されたことにより、消費者金融の融資審査も当然厳しくなります。
一説によると、大手消費者金融のキャッシング審査通過率は、30%以下になったとも、言われているようです。
急にお金が必要になって消費者金融にお金を借りに行っても、4人に一人しかお金を貸してもらえないという、厳しい状況になっています。
さらに消費者金融、キャッシングでお金を借りた場合、どうしてもクレジットカードのショッピング枠に比べると、現金で直接受け取る分、金利が高くなる場合が一般的です。
かといって、ヤミ金に手を出したらトイチ(10日で一割)、トサン(10日で三割)というような、とんでもない高利の利息を請求されてしまうことになります。これこそ、身の破滅と言ってもいいでしょう。
・別の借入方法が考えられたーそんなときに支えてくれるのが、クレジットカードのショッピング枠を現金に換えてくれる、「現金化」サービスになるのです。
クレジットカードには、キャッシング枠とは別に、お買い物ができるショッピング枠というものがあります。
クレジットカードのキャッシング枠が少なくても、キャッシング枠が限度に達していても、クレジットカードのショッピング枠を利用し、これを現金に換えるというサービスです。
「クレジットカードのショッピング枠の現金化」とは、持っているクレジットカードのショッピング枠で、各社指定のキャツシュ付商品を購入することによって、現金をキャツシュバックするというサービスなのです。

「ショッピング枠現金化」サービスは、何といっても無審査でお金を手にすることができるという点が魅力です。

代表的な現金化の方法

種々の理由から、現金を手にしたい時があることでしょう。親族から借りたり、あるいは、カードローンを利用することで、現金を手にすることができます。しかし、それ以外の方法でも、現金化できる方法があります。
まず、代表的なところでは、中古品の売却でしょう。たとえば、車買取が有名です。買取業者を見つけ、査定をしてもらい、納得すれば契約を結ぶことができます。今では、インターネットで査定額を比較することができ、どの業者が自分に適しているのか、すぐに判断することができます。しかし、あくまで目安であるので、査定士の直視による査定をしてもらうのが、重要でもあります。また、貴金属の売却も、まとまったお金を手にできる現金化の方法でしょう。とりわけ、金は不景気に強いとされ、数年前にリーマンショックの時には、金の価格が第二次大戦以降で最高額となりました。日本国内でも、業者が大々的に広告を出し、多くの人が金を売却することで、現金を手にしたようです。しかし、金ばかりでなく、銀であったり、あるいは、銅であったり、さらには、ダイヤの指輪なども現金化できる立派な貴金属です。ある意味、資産の一部でもあるため、いざという時に役立つものでもあるでしょう。さらに、質屋を利用する方法があります。厳密に言えば、買取とは異なり、お金を借りることになります。物権の一つでもあり、法律上では質権と規定されています。該当の品物を質屋へ持って行き、査定をしてもらい、その場で現金を手にできます。けれども、買取とは異なり、期日までに受け取ったお金を返す必要があります。仮にそれができなければ、質流れとなり、該当の品物が市場で売却されるようになります。ただし、カードローンなどとは違い、期日を過ぎたとしても返済請求をされることはありません。該当の品物が担保になっているからです。
以上、代表的な現金化の方法ですが、これらのほかに、クレジットカードで現金化する方法があります。これは、ショッピング枠を利用したもので、商品を買い、それを売却することで、現金を手にすることです。専門業者などもあり、インターネットで探すことができます。しかし、ショッピング枠を利用するということは、返済義務を負うことになります。この点を十分考慮すべきでしょう。

▼当サイト人気NO.1
和光クレジット
コンテンツ
関連記事
体験談

あんしんクレジット

ゴールドラッシュ

ひまわりギフト