ショッピング枠現金化には2種類の方法があります

クレジットカード現金化口コミ比較≪2019年人気優良店ランキング!≫

クレジットカード現金化口コミ比較

ショッピング枠現金化には2種類の方法があります

読了までの目安時間:約 4分

クレジットカードのショッピング枠を現金化する場合、その方法としては以下の2パターンが考えられます。

 

・購入商品の転売を自力で行う
・現金化専門業者を利用する

 

それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。以下で詳しく見ていきましょう。

 

1:購入商品の転売を自力で行う場合のメリット・デメリット

まず、メリットから見ていきましょう。購入商品の転売を自力で行うと以下のようなメリットがあります。

 

・換金率をコントロールできる
・売却先を複数選べる

 

順に説明します。まず、転売を自力で行えば換金率をコントロールできます。換金率の高い商品を自分で選ぶ事で、購入額に対して売却額を限界まで引き上げる事ができるのです。
また、購入商品の売却先として複数の買い取り店を利用できます。商品ごとに最も換金率が高くなる店を選んでいけば、換金率はさらに高くなるでしょう。
一方で、購入商品の転売を自力で行うと以下のようなデメリットが生じます。

 

・転売する手間がかかる
・常に換金率に関する情報収集が必要

 

順に説明します。まず、専門業者を利用しないので転売するために多くの手間がかかります。買い取り店に直接出向く必要がありますから、その手段や時間が必要です。
また、常に換金率に関する情報を収集しなければなりません。商品ごとの換金率は株価のように変動しますから、随時それをチェックしておかないと思わぬ大損をする恐れもあるのです。

 

2:現金化専門業者を利用する場合のメリット・デメリット

現金化専門業者を利用すると、以下のようなメリットがあります。

 

・即時現金を入手可能
・商品を選ぶ手間が少ない

 

順に説明します。まず、専門業者を利用すれば即時に現金が入手できます。古物商の資格を持つ専門業者を通じて商品を購入すれば、購入と売却がほぼ同時に行えるからです。
また、購入商品を選ぶ手間が少なくて済みます。専門業者があらかじめ商品を指定してくれますから、それを購入するだけで良いのです。
一方で、現金化専門業者を利用すると以下のようなデメリットが生じます。

 

・換金率は80%が限界
・悪徳業者に遭遇する恐れがある

 

順に説明します。まず、換金率は80%が限界です。専門業者としても、利益を上げなければ事業を存続できませんからね。
そして、専門業者はきちんと選ばなければなりません。何も考えずに「とにかく高い換金率の業者を」などと欲張っていると、悪徳業者に関わってしまう恐れがあります。現金化専門業者を選ぶ際には、ネット上の口コミや評価をチェックし、信頼できる業者を選びましょう。

 

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  

 

メールアドレス  

 

URL  

 

コメント

トラックバックURL: 
おすすめ現金化業者
和光クレジット
コンテンツ
関連記事
体験談

あんしんクレジット
ゴールドラッシュ
ひまわりギフト