ショッピング枠現金化についての不都合な事実

クレジットカード現金化口コミ比較≪2018年人気優良店ランキング!≫

クレジットカード現金化口コミ比較

ショッピング枠現金化についての不都合な事実

クレジットカードでは通常のショッピングに利用するショッピング枠とキャッシングに利用できるキャッシング枠の二つの機能が搭載されています。

 

クレジットカードは二つの機能が搭載されていることから適用される法律もショッピング枠とキャッシング枠とで違っています。ショッピング枠は割賦販売法が適用され、キャッシング枠は貸金業法が適用されます。そうなれば、キャッシング枠は貸金業法により総量規制の適用を受けますから、キャッシング枠は他の業者からお金を借りている場合では利用限度額が残っていても利用できないこともあるということです。

 

そこで、お金が必要な人が利用するのがショッピング枠現金化です。これは、クレジットカードのショッピング枠を利用して現金を調達する方法で、考えてみてもわかるようにキャッシング枠を利用できる人はキャッシング枠を利用すればいいので、先程の総量規制やすでにキャッシング枠の利用枠がないような人が利用すると考えられます。

 

ショッピング枠現金化ではキャッシングを利用するよりも審査を受けなくていいので、手軽に利用することができます。方法としては自分で最後までする方法とショッピング枠現金化業者を利用する方法があります。

 

以前には自分で実行する方法も難しくありませんでしたが、ショッピング枠現金化についての意識が高まるに連れて、だんだん自分で実行する方法が難しくなってきているという現実があります。自分で実行して、クレジットカード会社に知られることになれば、クレジットカードの利用規約違反ということになり、クレジットカードの使用禁止や即時全額精算請求などを求められる可能性があります。ショッピング枠現金化にとってはこれがもっとも大きなリスクと言っていいでしょう。

 

そのために、だんだんショッピング枠現金化業者を利用することが多くなってきています。ショッピング枠現金化業者を利用すれば、クレジットカード会社に知られるリスクは低くなりますが、自分で実行するよりも換金率が低くなりますので、金利の高いキャッシングをしていることと同じ意味になります。

 

リスクをとっても自分で実行して換金率が高い方を選ぶのか業者でリスクの低い方を選ぶのかは難しい選択となります。しかし、自分で実行するショッピング枠現金化はどんどんとやりにくくなっていることだけは確かで、ショッピング枠現金化業者を選ばざるを得なくなってきているのが現実でしょう。

 

口コミフォーム

名前  

口コミ

この他の現金化業社一覧

▼当サイト人気NO.1
和光クレジット
コンテンツ
関連記事
体験談

あんしんクレジット

ゴールドラッシュ

ひまわりギフト