クレジットの現金化を手早く行う方法

クレジットカード現金化口コミ比較≪2018年人気優良店ランキング!≫

クレジットカード現金化口コミ比較

クレジットの現金化を手早く行う方法

まず先述しておくと、クレジットカードの買い物枠を使って現金化をさせる事はクレジットカードの規約違反になりますので、くれぐれも利用は自己責任でお願いします。

どうしてもすぐに現金が必要ではあるが、クレジットカードにキャッシング枠がない場合などで、すぐに現金が用意できない場合などがあったとしても、ある方法を使って現金を用意することができます。

まず1つ目は、自分の手間がかからない方法としてインターネット上などでクレジットカードの現金化を専門としている業者に依頼することです。

クレジットの情報を伝えることで、そのクレジットで業者が買い物をした体裁で決済を切ります。その決済を受けた金額のある一定の金額を手数料としてマイナスをした残りをクレジットカードの契約者の銀行口座等に振り込んで現金化をさせると言う方法です。そうすることで、表向きは何かの買い物をしたことによる決済をしたと言う履歴だけが残るので、後は現金が振り込まれるかどうかについては個人間のやり取りと同じ扱いになるのです。

ただし、クレジットカードの現金化専門業者の中には詐欺業者も数多く存在しているため、どの業者が的確に作業行ってくれるのかについては、しっかりと口コミやレビューなどを見て利用するようにしましょう。

もう一つの方法が、クレジットカードを使って商品券やアマゾンギフトカードなどを購入して転売をすると言う方法です。この方法であれば、自分自身で購入から転売を全て行うので、その作業に伴う手数料等を誰かに取られる事は一切ありません。

買取の業者は、街中でもよく見かけるチケットの転売業者に行えば良いだけなので、その時の買取のレートに合わせてある一定の量だけはマイナスされますが、クレジットカード現金化業者に依頼したときの手数料よりははるかに低い金額で抑えることができます。

注意点としては、利用履歴の中にギフトカードや商品券等の購入履歴がやたらと多く存在してしまうと、クレジットカードも提供業者側は、場合にもよりますが、現金化のために購入をしていると疑ってくるケースがあるようですので、本当に必要なタイミングにのみ利用するようにすれば問題は無いかと思います。

いずれの方法も何かを購入した分の決済を還元する方法ではあるのですが、その金額を100パーセント受け取る事はまずできないと考えて良いでしょう。

そして最後に、1番最初に記載した通り、本来はこれらの作業はクレジットカードの約款に抵触する行為なので、現金化をした場合はそのことについては公言しないほうが良いでしょう。

 

口コミフォーム

名前  

口コミ

この他の現金化業社一覧

▼当サイト人気NO.1
和光クレジット
コンテンツ
関連記事
体験談

あんしんクレジット

ゴールドラッシュ

ひまわりギフト